職場・バイト先での不思議なルール

職場・バイト先での不思議なルール

私が以前、正社員として働いていた職場では

私が以前、正社員として働いていた職場では、退職する際に退職する人間がお餞別を用意する、という風習がありました。

勿論、送別会なども開いてもらえますし、退職する日にはお花も頂くなど、それはとても思い出深いです。

しかし、それよりもお餞別を用意しなければならなった方が、強烈に印象に残っています。例えば、所属していた部には全員分の数が入ったお菓子の詰め合わせを用意します。更に、所属している課の人には、ハンカチなどを個別に用意します。更に、お世話になった方には、もう少しランクアップしたものを個人的にあげることになっています。また、仕事上お付き合いの深い部署にも、お菓子の詰め合わせなどを用意します。
送別会と称したランチ会などを、同じグループの人や部、同期など何回も開いてもらえたのはありがたいですが、あまりにも辞める人の負担が多すぎます。これは不思議なルールというか、止めた方がいいのではと思いました。
特に、私は妊娠8か月で退職した為、これらの餞別品を購入して会社に運ぶのが大変で、初めて休日出勤しました。

やはり、円満退社の人は普通に送り出して、挨拶して終わるのが普通ではないかなと思います。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017職場・バイト先での不思議なルール.All rights reserved.