職場・バイト先での不思議なルール

職場・バイト先での不思議なルール

不思議というか

不思議というか、そのバイト先の社長が、風水や神仏をとてもあがめる方だったので、毎日お店を開ける前に、神棚の水を替えることから始まり、毎月1日になると、お店の氏神様に挨拶しに行き、サカキを買って、神棚に飾ってあるサカキを交換し、お店の中の各角っこに盛って置いてある、粗塩をお店の前に撒いて、交換していました。

最初にちょっと代わりに頼まれてやっていましたが、いつの間にか私の仕事の一つとしてやるという暗黙のルールができてしまい、ちょっと困ったことになりました。
神棚がかなり高いところにあったので、はしごを上って水の交換をしないといけなくて、私は高所恐怖症だったので、毎日足がすくんで、それをやりきるのが大変でした。
少しずつ慣れてはきましたが、とても大変でした。

こういうことをしているお店は、今は少なくなったでしょうが、塩は粗塩ではないとだめで、盛り方も教わり、とてもいい経験をさせてもらったなと、今となってはそう思います。

Copyright (C)2017職場・バイト先での不思議なルール.All rights reserved.