職場・バイト先での不思議なルール

職場・バイト先での不思議なルール

私は四年前に会社を早期退職しましたので現在は無職ですが

私は四年前に会社を早期退職しましたので現在は無職ですが、退職するまでは37年間同じ会社で働いていました。

他の会社で働いた事がないので、自分の会社が普通だと思っていましたが、外部から見ると変なところはたくさんあったと思います。私の妻は派遣社員ですので色々な会社で働いています。妻の話を聞いていると、特に私の会社は変わっているのだと思い知りました。

一番不思議なルールは、有休についてでした。
今はどうか知りませんが、私がいた頃は「私用」や「家事都合」などという曖昧な理由では、有休が取れませんでした。
有休の許可は上司が出しますので、申請しても許可されなければ取得することができません。私の上司だけでなく、会社のルールとして具体的な内容でなければ、有休申請の許可を出してはいけない、という風潮がありました。
つまり有休を取るなら「免許の更新のため」とか「母親の透析治療の付き添い」とか「親戚の引越しの手伝い」というように、具体的に理由を書かねばなりませんでした。

「有休を消化する」という発想はありません。あくまでも有休は止むを得ない事情がある時にだけ取得せよ、という考えです。
大企業が有給消化率を上げる努力をしている中で、なんという遅れた会社かと思ってしまいます。
もう一つは、事務用品についてのルールです。
普通会社で必要なものは会社が支給するものだと思うのですが、ボールペンから消しゴム、定規、ホッチキスにノート、ハサミや糊まで、全て自分で用意しなければなりません。会社支給は一切なしです。
不思議というよりも、呆れるルールです。

いつまで経っても一流の会社になれない理由がよく分かります。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017職場・バイト先での不思議なルール.All rights reserved.