職場・バイト先での不思議なルール

職場・バイト先での不思議なルール

今更の話になってしまいますが

今更の話になってしまいますが、ネットがここまで普及し、ネットに繋がらなかったら仕事にもならない状況がこの現代です。

何故、職場のルールに関してこういった切り口で語るかというと、今ではかなりの会社が自社サイトを持って、存在をアピールする時代になっているからです。
それも一度作ってその後全然更新しないなんていう、いわゆるネット版の名刺的なサイトは古臭い存在な訳で、ブログのように毎日の職場での出来事やニュースを、ドンドン発信しなければならない業界もあるのが、普通になりつつあるのです。

私の職場での仕事の一つに、そういった意味でのサイト更新作業があるのですが、別に難しい事ではなく、会社ブログの更新がメインです。
さて、そこで不思議と言うか、理不尽だなと思うルールがあるのです。

基本、ブログはある意味書き手の主観が入って当たり前なのですが、私の上に3人の上司がそれぞれ変なルールをつけてくるのです。
それらが互いに矛盾するルールなので、書き手としては手も足も出ない状況になってしまうのです。
ある上司は、文章は短く主観を交えず、もう一人はある程度の長さを書かなければだめ、と。この二つの相反するルールの存在だけでやる気がなくなって、結局味も素っ気も人間的なカラーも何も無い、ブログになってしまっています。
文は人なりという言葉があるのですから、ルールや注文をあれこれつける前に、上の人間三人でせめて各ルールが矛盾しないよう、コミュニケーションを図ってもらいたいものです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017職場・バイト先での不思議なルール.All rights reserved.