職場・バイト先での不思議なルール

職場・バイト先での不思議なルール

私の職場は

私の職場は、およそ9時から22時のシフト制で動いているので、帰宅が23時になることは珍しいことではない。
職場の営業時間が22時に終わったとしても、当然その時間に帰れることはほとんどない。来客が帰らないとか、打ち合わせがあるとか、月末の処理があるとかそんなことはいつものこと。お腹が空いても集中力が欠けても、自分でおやつを用意するか、我慢するしかない。

ただし、真夜中の会議に関してだけはちょっと別で、会議参加者の中で一番年下の社員がコンビニに行って、お菓子とパンとビールを買ってくるのがルールになっている。これを我々はミッドナイト会議と呼んでいる。若い社員はお菓子にウキウキするし、帰宅拒否症の夫は会議だから帰れないと、ビール片手に妻に電話をする。
ただでさえ、真夜中の会議なんてしんどいのに、お酒が入ったらますます頭がまわらなくなりそうだし、会社としてあり得ないと思いつつも、それでもこういう非常識なルールはありがたいものだ。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017職場・バイト先での不思議なルール.All rights reserved.