職場・バイト先での不思議なルール

職場・バイト先での不思議なルール

「有給休暇」は働いている人に与えられた権利です

「有給休暇」は働いている人に与えられた権利です。
ただ、私が以前働いていた職場では、「有休」というのは禁句になっていました。

給料明細にも、有休の欄は一切なし。普通は給料明細に「有休〇〇日残」のように記載されています。私はそれが当然だと思っていたのですが、その職場では違っていたようです。

私は一度上司に「有給休暇はないのですか」と聞いたことがあります。その時は話をはぐらかせ、はっきりとした答えをもらえませんでした。
しかも冷たい視線でした。
「なに、この有給禁句ルールは?!」と思ってしまいました。

バイトやパートの人たちは、有休があることさえ知らない人も多かったみたいです。
私はせっかくの権利を1度も使わないのはおかしいということで、退職時にまとめて有給申請をしました。

総務の人の対応は冷たかったですが、会社としては申請しても受理しないのは違法となるので、仕方なく許可してくれました。
もう昔の話なので、今は改善されていることを願います。

Copyright (C)2017職場・バイト先での不思議なルール.All rights reserved.